リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計

記事一覧

購入申し込み

2008.01.23

購入する意思が決まったら、早めに行動する必要があります。
不動産には同じものが二つないからです。不動産の販売は原則的に先着順です。せっかく購入意思がまとまったときに、目的の不動産が売れてしまったらがっかりすることになります。

購入申し込みの方法は各社まちまちですが、一般的には【購入申し込み】というような書式で購入の意思を伝えます。
購入申し込みが売主の提示した価格のままで、他に購入希望者がいなければ、そのまま契約締結へとすすみます。

価格を交渉したい、という場合がありますが、その場合も購入申し込みで行うことができます。この価格でなら購入したい、という意思を表示して、売主の判断を待つことになります。

この時点では、住宅ローンの適用が受けられるか、否かの判断がわからない方がほとんどです。その場合は、住宅ローンの適用が受けられる場合は購入しますが、どうしても適用が受けられない場合は白紙撤回となります、という、いわゆる【ローン条項】をつけることができます。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>