記事一覧

いつか我が子に贈りたい、タイムレスで渋いゴールドの腕時計

年を重ねて妙に気になる、重厚なゴールドの腕時計。今の枯れ感に、なんだか似合う気がする。そして、タイムレスなものほどいい。いつかは我が子に、という気持ちも芽生えてきているしね。

IWC
IWC/ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”
向こう150年歓迎されるタイムレスな顔と高性能



K18レッドゴールドケース、40.4mm径、自動巻き。197万円/IWC 0120-05-1868
10層以上重ねて塗装されたラッカーダイヤルとアラビアインデックス、ドーム型風防に青焼きされたスチール針、そしてサントーニ社製のアリゲーターストラップ……。

上品でいて、そこはかとない重厚感を感じさせるダ・ヴィンチのジュビリーコレクション。搭載する新開発の自社キャリバーは、負荷のかかるパーツにセラミックスを採用。

外見のクラシカルさと裏腹に、先端の技術が用いられる。

GRAND SEIKO
グランドセイコー/キャリバー9F 25周年記念限定
セイコースタイルで見せるコンビ使いの可能性


SS×K18YGケース、縦46.2×横40mm、クオーツ。50万円/セイコーウオッチ 0120-061-012
YGのベゼル&シャンパンゴールドのダイヤルに、ステンレススチールを組み合わせたレトロな風情。

これが品良く繊細に映るのは、’67年に登場した名作44GSを元祖とするセイコースタイルを踏襲したケースに収まるからと言っていい。

「クオーツを超えたクオーツ」と呼ばれるキャリバー9Fの誕生25周年を記念する本作は、精度を年差±5秒に詰めた特別版を搭載している。

BREGUET
ブレゲ/クラシック エクストラ-フラット 5157
緻密な技がさえわたる、貫禄十分な極薄時計



K18ローズゴールドケース、38mm径、自動巻き。203万円/ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211
高級時計界で高い技術力の証しでもある「エクストラ-フラット」モデル。自動巻きムーブメントでケース厚5.45mmはそのトップクラスだ。

それでいて、同社が得意とするフルート装飾(=コインエッジ)やクル・ド・パリの手彫りギョーシェ、アイコンのブレゲ針など、クラシカルなディテールも満載。アクセは不要、1本着けているだけで十分な貫禄を醸せる。

CARL F. BUCHERER
カール F.ブヘラ/マネロ ペリフェラル
ライトブラウンが金に与える柔和な存在感



K18ローズゴールドケース、43mm径、自動巻き。220万円/ブヘラジャパン 03-6226-4650
ルツェルンのマニュファクチュールが巻き上げ効率を誇るのが、ムーブメントの外周を周回するユニークな「ペリフェラル(=周辺の)ローター」を持つ自社キャリバー。

搭載するのは、くさび形インデックスがクラシカルなモデル。

色使いのセンスに長けるブランドだけあって、ライトブラウンのアリゲーターストラップとのマイルドな組み合わせが金の新たな表情を伝える。


【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

ウブロ ブティックのストラップフェア ~Find New Style~

ウブロの直営ウブロブティックでは、10月18日(金)~10月31日(木)の期間で「ウブロ ストラップフェア ~Find New Style~」を開催する。ウブロのアイコニックな存在であり、自社開発・製造ムーブメント「スーパーコピー時計」を搭載した「ビッグ・バン ウニコ」、そして女性のためにデザインされた「ビッグ・バン ワンクリック」は、ともにウブロ独自のワンクリックシステムを搭載し、簡単にストラップ交換ができることでも人気のコレクションだ。



ウブロのブランドコンセプト「The Art of Fusion(異なる素材やアイデアの融合)」を体現するカラフルなストラップは、単色だけでなく、コンビカラーや異素材との組み合わせなど豊富に取り揃えられ、ブティックに展示される。リシャールミル コピーフェア開催期間中、時計を購入された方には、お好みのストラップ1本がプレゼントされる。ブティックならではの多彩なウォッチコレクションに、カラフルなストラップを合わせて、自分だけの特別なタイムピースをお楽しみいただきたい。

コンビや異素材との組み合わせなど豊富な品揃え



ウブロ ストラップフェア ~Find New Style~ 開催概要
開催期間: 2019年10月18日(金)~10月31日(木)
開催店舗: ウブロブティック銀座・伊勢丹新宿店・大阪・京都。

【関連記事】:愛媛県の最新ファッション情報

ハリー・ウィンストンを象徴する「HW プルミエール」から新年にふさわしい世界限定8本のタイムピースが発売

ハリー・ウィンストン「HW プルミエール・チャイニーズ ニューイヤー オートマティック 36mm」



子年を祝した限定モデル。“キング・オブ・ダイヤモンド”の異名を持つ同社らしい高い技術によって異なるカットのダイヤモンドが美しく散りばめられている。カルティエ 時計 電池交換なお、レッドカラーは幸運の象徴でもあり、魔除けの効果があると考えられている。
 1989年にデビューして以来、ハリー・ウィンストンのアイコニックなコレクションであり続ける「HW プルミエール」。ニューヨーク5番街本店のファサードをインスピレーション源とした12時位置と6時位置の3つのアーチが特徴的なデザインとなっている。そんな同コレクションより子(ネズミ)年にちなんだ限定モデルが発表された。

 ダイヤモンドのスペシャリストとして多くの女性からの支持を集めるハリー・ウィンストンだが、ジュエリーのみならず、ハイエンドウォッチの分野でも話題を集めている。同社のウォッチメイキングは新たな切り口のデザインやコンセプト、新素材を積極的に採用することで知られており、その最たる例が、宇宙工学の分野で使用されるザリウムをケースに使った「プロジェクト Z」コレクションに見て取れる。また、その革新性は素材選びや機構だけにとどまらず、デザインコンセプトにまで及ぶ。

彫金細工が魅せる芸術的タイムピース
 十二支をモチーフにしたシリーズをハリー・ウィンストンが最初に発表したのは申年(猿)の2016年だった。翌年には酉年の鶏、さらに戌年のチャウチャウ、19年の亥年は豚を(日本の干支と中国の十二支はココが違う。イノシシではなく、豚なのだ)ダイアルデザインのモチーフとしてきた。そして20年の限定モデルが子年のネズミである。



ハリー・ウィンストン「HW プルミエール・チャイニーズ ニューイヤー オートマティック 36mm」
自動巻き(Cal.HW2014)。28石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約68時間。18Kローズゴールド(直径36.2mm、厚さ9.42mm)。3気圧防水。565万(税別)。世界限定8本。
 話は逸れるが、十二支にはそれぞれ特徴があり、自身の生まれた干支によって性格判断を楽しむことができることをご存知だろうか。中国だけでなく、マレーシアやシンガポール、ベトナムといった東南アジアでも親しまれている情報なので、話のネタに自分の干支がどんな特徴を持っているのか知っておくと、アジア圏の友人との会話で意外と盛り上がるのでお勧めしたい。子年生まれの特徴は、一説によれば鋭い判断力と忍耐強さという長所を持っており、その長所を活かせば財を成すことができるという。また、ネズミは成長が早く、子供が生まれやすいので子孫繁栄の象徴でもある。

 さて、正直なところこのモデルの情報を入手した際、ネズミを「HW プルミエール」にどう落とし込んでいくのだろう、と筆者は疑問に思っていたが、仕上がりは予想をはるかに超えた美しさだった。レッドのビーズ加工を施したマザー・オブ・パールのダイアルに彫金細工の繊細なネズミが映える。しかしこのネズミは一目でそれと分かるような強い主張を持っておらず、唐草と相まって、あくまでも控えめで上品だ。

 この繊細な表現は中国最古の芸術表現であるといわれている剪紙(切り絵細工)へのオマージュで、陰陽の絶妙なバランスを生み出している。ハリー・ウィンストンの職人たちは鮮やかなレッドのマザー・オブ・パールを深紅の紙に見立て、そこにゴールドを用いて切り絵細工独特のシルエットを表現している。

異なるカットのダイヤモンドが放つ光の競演
 春節を記念して作られたこのタイムピースのダイアルには、さまざまなカットのダイヤモンドが配されている。ネズミのボディにデザインされたフラワーモチーフにはセンターに配された1個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドを囲むように8個のマーキースカット・ダイヤモンドがあしらわれ、立体的な表情を生み出している。12時位置には創始者ハリー・ウィンストンがもっとも愛したエメラルドカット・ダイヤモンドをセッティング。このダイヤモンドは機械式自動巻きムーブメントが搭載されていることを示すディティールでもある。

 ローズゴールド製ケースのベセルとラグ、リュウズには57個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドが用いられている。このうち、リュウズとラグに用いられるダイヤモンドはキューレット側が表面にくるようにセッティング。至高の芸術作品を生み出す精緻な技巧を垣間見ることができる。

 ケースバックはサファイヤクリスタルで自動巻きムーブメントCal.HW2014が時を刻む様子を鑑賞することができる。シリコン製ヒゲゼンマイを採用しているため、長期間にわたる高い精度を実現し、パワーリザーブは約68時間を備える。ケースバックからはムーブメントに採用されたローズゴールド製のスケルトン加工ローター、コート・ド・ジュネーブ仕上げの装飾、ロジウムメッキ仕上げのパーツ、サーキュラーグレインのほか、リミテッドナンバーも刻まれる。

 中国マーケットを意識した上での限定本数の8という数字も、中国数秘術でもっとも縁起が良いとされる数字から来ていることには納得するが、欧米ブランドが東洋の十二支をイメージし、デザインとして具現化したものは想像以上に美しく、世界限定8本というのは惜しいとすら感じさせられる。


【関連記事】:三重県の高級ブランド情報

フレデリック・コンスタント「クラシック」コレクションから5つの日本限定モデルが発売

「アクセシブル・ラグジュアリー(手の届くラグジュアリー)」をコンセプトに掲げるフレデリック・コンスタント。そんな同社のクラシックコレクションから「クラシック インデックス オートマチック ハートビート」と「クラシック ハートビート ムーンフェイズ」の日本限定モデルが発売される。



文字盤からテンプがのぞく「ハートビート」デザイン
 フレデリック・コンスタントは1988年に創業し、スイス・ジュネーブを本拠地とする時計メーカーだ。同社のアイコンともいえる「ハートビート」デザインは、メカニカル部分を見せることを目的に考案されたもの。機械式時計の心臓にあたるテンプの鼓動、つまりその名の通り「ハートビート」を眺めることができるよう、ダイアルのテンプ位置に開口部が設けられている。初の「ハートビート」が発売された当時、このデザインは極めて革新的であり、今やこのデザインは時計業界でもポピュラーになった。同社は時計業界の中では若いブランドが、アクセシブル・ラグジュアリーというブランドコンセプトを守り、外観だけでなく中身にも丁寧な仕上げを施していることが見て取れる。

ダークグリーンとダークブラウンの日本限定新色モデル
 フレデリック・コンスタントのアイコンである「ハートビート」デザインを取り入れた「クラシック インデックス オートマチック ハートビート」。2019年の夏に発売された日本限定モデルは人気を博し、完売となった。今年6月に発売される新たな日本限定モデルは、ダークグリーンとダークブラウンダイヤルの2種類だ。



「クラシック インデックス オートマチック ハートビート」Ref.FC-310MBRW5B4
自動巻き(Cal.FC-310)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS+ローズゴールドPVD(直径40mm)。5気圧防水。日本限定150本。20万円(税別)。6月発売予定。
 クラシカルエレガントをベースに、ツートンカラーやラバーストラップなど、スポーティーなテイストを加えたスタイルは日常生活になじみやすく、どんな場面にもフィットする。ステンレススティールケースに同社のブランドカラーであるダークグリーンのダイアルを合わせたモデルと、ローズゴールドPVD加工のステンレススティールケースにダークブラウンのダイアルを合わせたモデルは、いずれも150本の限定発売となっている。



ムーンフェイズを搭載した「クラシック ハートビート ムーンフェイズ」に、マリーンテイストを加えたのが、新しく登場する3種類の日本限定モデルだ。ダイアルにホリゾンタルストライプを採用することで、シャープな印象に仕上げている。絶え間なく動き続けるテンプにロマンチックなムーンフェイズと、眺める楽しさにあふれた1本だ。インデックスはシルバーの縁取りによって高い視認性を確保している。しなやかなラバー素材を採用したストラップは、夏にレザーストラップを使用することが現実的でない、という人にぴったりだ。白、黒、ネイビーとどのモデルも汎用性の高いカラーリングで、モダンなデザインとともにスーツスタイルにもスポーティーカジュアルにも馴染む時計に仕上がっている。

オプションでソニーのが選べるジャン・ルソーのオーダーメイド時計ベルト

アンティークウォッチをスマートウォッチに改造する
フランスの高級レザーグッズの「マニファクチュール ジャン・ルソー」では、時計ベルトのバックル部分に最新スマートウォッチの各種機能(電子マネー決済、タッチディスプレイ、Amazon Alexa、活動ログほか)を内蔵した、『wena 3』を装着したオーダーメイド時計ベルトの受付を2021 年12 月1 日より開始した。



『wena 3』は、スマートウォッチとして必要な機能を最薄部6.9mm の腕時計バックル部に集約したソニー製スマートウォッチだ。従来モデル「wena wrist active」の搭載機能を大幅にアップデートすると同時に、バックル部分も従来モデルと比べてより薄く小型化に成功。またステンレススティール(SUS316L)を採用し、モジュール部分は手首の形状に合わせてモジュール本体をカーブさせた設計により、優れた装着感を実現した。



バックル部に機能が集約されているため、愛用のメカニカルウォッチやヴィンテージウォッチの時計本体部はそのままでスマートウォッチにすることができる。オーダーメイド時計ベルトでは、お客さまがお好みの革素材・色・ライニング・ステッチなどをお選びいただき、時計本体と『wena 3』をつなぐ革ベルト部分をオーダーメイドで製作する仕組みだ。



使用する革素材は、“革の宝石”と称される最高級ミシシッピー アリゲーターをはじめ、グレインカーフ、ゴート、アルカンターラなど全4 種類。カラーバリエーションも人気の高いヴィンテージカラーやメタリックブラッシュ仕上げなど約300 色の中から、お好みの色を選択できる。

【関連記事】:山口県の流行ファッション情報