記事一覧

世界で唯一 傷がつきにくいゴールドを採用した「ビッグ・バン ウニコ フルマジックゴールド」


ウブロより2015年のバーゼルワールドに先駆け、セラミックとゴールドという革新的素材の融合により生まれた自社開発の世界で唯一の傷が付きにくい18カラットゴールド、「マジックゴールド」を用いた新作、「ビッグ・バン ウニコ フルマジックゴールド」が発表されます。


  このモデルにはウブロ自社開発のクロノグラフムーブメント、「ウニコ」が搭載されており、ビッグ・バンの10周年を祝うにふさわしい、ウォッチメイキングの伝統と21世紀の創造性の 「フュージョン」を具現化したタイムピースです。


  ウブロCEO、リカルド・グアダルーペは次のように述べました。「素材の融合はウブロのDNAでもあります。 約4年前にウブロは世界で唯一の高い耐傷性を備えた18Kゴールド、『マジックゴールド』を発表しました。ロレックス腕時計メンズ ビッカース硬度約400の一般的な18Kゴールドの2倍以上、約1000ものビッカース硬度を誇るこの素材を 製造できるのは世界中でウブロだけです。」


  ウブロが、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と共同で開発した革新的な新素材、「マジックゴールド」を 発表したのは2011年。約3年に及ぶ共同研究を経てウブロが創造した独自の特徴を持つ自社開発のこの 素材は、貴金属管理局(Central Office for Precious Metals Control)により18カラットと認定されており、今なお、特許によって保護されています。



硬度の高いこのマジックゴールドの加工ができるのは、ダイヤモンドしかありません。素材の堅牢さを示す ビッカース硬度は、一般的な高品質18カラットのゴールドで約400、硬度の高いスチールでも最大600 程度です。一方、マジックゴールドのビッカース硬度は約1000を誇り、一般的なゴールドやゴールド合金の持つ、 傷が付きやすいという弱点を克服しています。


  この革新的なマジックゴールドは、自然界に存在する究極の貴金属素材である24カラットゴールドと、最新 ハイテク素材とを融合させたもので、この新素材を用いたウブロウォッチの各パーツは、複雑なプロセスを経て製造されます。マジックゴールドを発表した2011年11月以降、スイス・ニヨンのウブロの自社工房は、 セラミック焼結と高圧金属鋳造プロセスを含む、マジックゴールドの全工程を自社で製造できる高度な鋳造技術を備えています。


  まず、炭化ホウ素粉末をパーツの完成品に近い形に成形します。「ビッグ・バン ウニコ フルマジックゴールド」の 場合は、ベゼル部分がこの方法で製造されます。成形された炭化ホウ素粉末は、その後高温で焼き固められ、形状は変わらずに多孔質の剛構造を作り出します。次に、高温高圧のもと不活性ガス圧を利用して、融解した ゴールドをセラミックの孔に注入していきます。このようにゴールドがセラミックの孔を塞ぐことで2つの素材が「融合」し、新たな素材、マジックゴールドが生まれるのです。


  マジックゴールドを用いた最初のウブロウォッチは、2012年3月のバーゼルワールドで発表された限定モデル、「ビッグ・バンフェラーリ」で、ウブロとフェラーリが共有するDNA、独自性、革新性、高技術が反映されていました。「ビッグ・バン ウニコ フルマジックゴールド」のマジックゴールド特有の色調と、ダイアルから覗く自社ムーブメント、「ウニコ」の組み合わせは、多くのウォッチファンの関心を引くことでしょう。


【関連記事】:http://reflecting.top

ブランドアンバサダー  ヒュー・ジャックマンが香港でのガラディナーに登場


香港のコンベンションセンターで開催された、新作高級時計見本市「Watches and Wonders」。その初日の9月30日夜に、会場からほど近いグランド・ハイアット香港のグランドボールルームにて開催された、モンブラン主催のガラ・ディナーは、同見本市開催中の最も華やかなイベントとして評判を呼びました。


  世界各国より200名を超えるセレブリティ、ジャーナリストが見守る中、モンブランウォッチコレクションの最新作が発表されました。



スペシャルゲストとして、モンブランのグローバルブランドアンバサダーのヒュー・ジャックマンが、最新作のひとつである「モンブランクロノメトリーデュアルタイムヴァスコ・ダ・ガマリミテッドエディション238」を身に着けて登場しました。「モンブランのアンバサダーになってほぼ2年。私を選んでいただき本当に感謝しています。周囲の人々からも、モンブランのような伝統がありクラフツマンシップに満ちたブランドのアンバサダーを務めていることに対して、称賛の言葉を多くもらっています。」と語り、客席は喝采と歓声につつまれました。


  ヒュー・ジャックマンが着用しているのは、北半球の人類として初めて南半球に到達した冒険家であるヴァスコ・ダ・ガマにオマージュを捧げたワールドタイマー。彼によって開かれた欧州から南アフリカを経てインドへと至る航路は、その後、西洋と東洋を結びつけました。モンブラン独自のコンプリケーションにより、地球上の2つの異なる時間帯をすっきりシンプルに表示するこのウォッチは、ヴァスコ・ダ・ガマのような冒険心と」野心を持って世界を飛び回る現在のビジネスマンにふさわしい機能性に富んだ新作です。計測機器が未発達であった時代に、ヴァスコ・ダ・ガマの驚くべき正確な航路計算のベースとなった南半球の星空をモチーフにした12時位置のホームタイムの昼夜表示と、立体的な地球儀を象った6時位置のスモールセコンド表示が、シンプルな機能美の中にはてしない冒険の夢を添えます。

【関連記事】:見栄えが良く、トレンディなものは常に最も美しいあなたに属します

文字盤の優雅な「羽」がくるくる動く!ディオールの新作時計「ディオール グランバルプリュム ブランシュ」

手元に舞踏会のように優雅な華やぎを!ディオールの新作時計「ディオール グランバルプリュム ブランシュ」
創業者のムッシュ ディオールがこよなく愛したといわれている、華やかな舞踏会。スーパーコピー時計音楽に合わせてドレスが舞い描く円の動きを、自動巻きムーブメントのゼンマイを巻き上げる役割を果たす「ローター」という部品で表現するのが、この機械式ムーブメント搭載の『ディオール グランバル』です。 

文字盤側に「ローター」を据えたムーブメントは、この時計のために設計された特別なもの。2011年にファーストモデルが発表されて以来、この「ローター」にさまざまな装飾を施し、『ディオール』らしいアプローチでコレクションを成長させ続けています。 

革新的な時計製造技術と、エレガントなモードの幸福なマリアージュによって実現した優雅な機械式時計は、舞踏会のざわめきに身を委ねたような、心地よい陶酔へと誘います。 


『ディオール グランバルプリュム ブランシュ』¥3,547,000 ●ケース:ステンレススチール×ピンクゴールド×ダイヤモンド ●ケース径:36mm ●ストラップ:アリゲーター ●自動巻き [Precious2019年7月号217ページ]
『ディオール グランバルプリュム ブランシュ』
文字盤はピンクゴールドの糸が装飾されたホワイトラッカー。その上で踊るように動く「ローター」には、プリュム「羽根」があしらわれ、息を呑むほどの美のコントラストを構築。ピュアなホワイトのアリゲーターストラップが、よりリッチ感を加速させます。



掛け時計「Quaint クエィント」¥50,000【直径25×厚み3.6cm】(タカラレムノス) [Precious2019年8月号244ページ]
デザイン時計で知られる日本ブランド、レムノスのなかでも「美しいプロダクトデザインに、伝統工芸師の技が加わったこのモデルは秀逸」(中林さん)です。

古い時計塔の文字盤をイメージした「スーパーコピー」を際立たせるのは、富山の伝統産業、真鍮鋳物と、その表面に伝統工芸師がひとつひとつ施した特殊な着色。シンプルなデザインながら、抜群の存在感を持つ逸品です。

【おすすめの関連記事】:http://all-buys.top