記事一覧

これは僕たちの多くが知っていて好きなものと





この効果の一部は、僕が通常手首に着けるものと対照的なこの斬新なデザインから来るものだが、それがすべてではない。確かに、多様性は人生のスパイスであり、理解には経験を要するが、ブルガリは熟練した手によって独特でありながら異質ではないデザインを実現した。ジェンタのデザイン言語が随所に散りばめられているのも実感できる。これは僕たちの多くが知っていて好きなものと、モダンでスタイリッシュな美学が組み合わせられていて、何より手首に着けて楽しいものだ。


 魅力的なケースの中には、ブルガリのオートマティック Cal.BVL 138がある。厚さわずか2.23mmのムーブメントは幅36.6mmととてもワイドで、同様に広大なディスプレイケースバックを通してよく見ると、仕上げのディテールとはめ込まれたプラチナ製マイクロローターの美しい眺めが楽しめる。 36石、振動数は3Hz、60時間のパワーリザーブを備えたBVL 138は美しい仕上げで、時、分、スモールセコンドが表示される。ブルガリ 時計 メンズどのバージョンでも、オクト フィニッシモは断然、贅沢で高価な品だが、このレベルに挑戦するためにはこのようなムーブメントの製作が必要なのだ。


僕はオクト フィニッシモがスイスの大物プレイヤーのシャンパンに対するアペロール スプリッツのようなものであると思っているが、この高貴なカテゴリーではライバルのいない時計はない。また、同様の価格帯の時計だけでなく、同じ購買層が関心を持つ時計も検討する価値はある。この場合、デザインと本物のウォッチメイキングの両方に精通しており(そして裕福な)、ステートメント(巧妙ではあるが)を表現するための時計を探しているファンだとしよう。


強いて言えば、これは448万8000円(税抜)の非常に薄いケースに収められた3針オートマティックの金無垢時計だが、このようなものをカルティエ タンクやレベルソ(どちらもオクトに釣り合うものではなく、どちらもオクトよりも大幅に廉価だ)のような「似たような」商品とクロスショッピングしている男女を想像するのは難しい。ランゲには候補があるが、ブレスレット仕様がない。ロレックスにはゴールドブレスレットモデルがたくさんあるが、オクトにはステートメントとスタイルの点ではるかに高揚を感じる、つまり全く異なるものだ。僕の推測では、オクト フィニッシモの平均的な購入者は既に1つや2つのロレックスを持っているだろう。

 僕がどこに向かっているかは想像がつくだろう。ゴールドの薄いケースとブレスレットのコンセプトを、非常に需要の高い時計のグループと結び付けるジェンタのスレッドを用いることなく競争させるのは難しい。約569万4500円(税抜)のロイヤル オーク「ジャンボ」エクストラ シン(別名15202。僕はBAバージョンのゴールド オン ゴールドびいきなのだが、何であれ入手可能なものを購入しないとならないかもしれない)を検討して欲しい。同様に、日付の複雑さもあり、パテック フィリップ5711 / 1Rがある。また、地球上で最も人気な時計の1つである5711/1Rは、もし手に入れられれば5万3300ドル(約577万6000円)というクールな価格で販売されている。
  オクト フィニッシモ オートマティックを製造するにあたり、ブルガリはジェンタのウェイトリストの王様たちに照準を合わせたと思う。そして「ビッグになるか、家に帰れ」ということで、ビッグになった。 オクト フィニッシモ オートマティックは低価格であるだけでなく、より手に入りやすく購入が容易だ。